製品情報
製品情報 > NEW PEAK SAVER

NEW PEAK SAVERニューピークセーバー

電気料金最大70%削減可能

商品概要product

最大需要電力を24時間自動制御!
電子ブレーカーによる削減効果を更に増幅!
大幅なコストダウンを実現!
特許取得 特許登録済み・特許番号:5537779
平成26年5月9日(May9,2014)
ニューピークセーバー
電子ブレーカーのプレアラーム信号と電流コントローラーの信号を利用し負荷の最適な制御を行うことにより、
多くのお客様が安全に必要最小の契約に見直していただくことが可能になりました。
基本料金の決定方法
通常、電力会社への申請時点では負荷設備方式を採用しています。工場や店舗に設置する負荷設備すべてを合算し一定の係数を乗じて算出します。 主開閉器契約においては実際に稼働する負荷の電流値の合計で契約しますので必要最小の契約に出来ます。
さらにNEW PEAK SAVERを導入し主開閉器契約に変更することで電子式開閉器のプレアラーム信号と電流コントローラーの信号を利用し負荷の最適制御を行うことにより、通常の主開閉器契約よりさらに基本料金を50%以上削減することが可能になりました。

商品写真photo

商品設置1
商品設置2
商品設置3
ニューピークセーバー
商品設置4
商品設置立ち合い

動作特性behavior

NEW PEAK SAVER 動作特性
※契約主開閉器の定格電流に対する値
電子ブレーカーの定格電流の図
① MC-3動作による進相コンデンサ投入
② MC-2動作により電流削減
③ MC-1、MC-2同時作動により電流値削減
④ 負荷の稼働に合わせて①、②、③を繰り返し
電流コントローラーの信号と電子ブレーカーのプレアラーム信号により MC-1とMC-2において2種類の制御可能負荷をコントロールします。 加えてMC-3で進相コンデンサの投入と切断を行います。 これにより、ブレーカーに流れる電流値が定格電流値の120%~300%の間に継続的にあっても ブレーカーがトリップすることはありません。

保証システムguarantee

長期間保障!安心・安全の保障システム
システム概要

導入についてintroduction

システム導入までの流れ STEP01~08

1.システムのご説明

専門の担当者がお伺いいたします。

2.計測調査

計測データは削減提案書の作成に使用いたします。

3.削減提案書提出

的確な契約変更をご案内いたします。

4.ご契約

削減提案書の内容にご納得いただき正式なご契約となります。

5.電力会社への申請

弊社で手続きをいたしますので手間がかかりません。

6.設置工事

速やかに工事を行いできるだけ早くご利用できるようにします。

7.電力会社による施行調査

お客様のご協力をお願いします。

8.試運転

操作と成果をお客様に体感していただきます。